住まいの購入は事前準備が大切!準備すべきことや注意点を解説

公開日:2024/01/15

家を購入したいけれど、何をどのように進めたらよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。多くの方が一生に一度の経験となるうえに、大金が必要となるため、不安や疑問が多いかと思います。そこで本記事では、住まいを購入するときの基本的な流れや購入前に準備すべきことなどを解説します。

住まいを購入する流れ

住宅購入は重要な人生の一大イベントであり、後悔しないようにするためにも基本的な流れを把握しておくことが大切です。

購入条件を決める

家の購入を考え始めたら、家族と話し合い、購入条件を決めましょう。家族のライフプランや予算、希望するエリアなどを考慮して、希望する条件を明確にします。家づくりをスムーズ進めるためにも、購入条件を明確にし、条件を元に検討することが大切です。

不動産会社・ハウスメーカーに相談する

購入条件が決まったら、不動産会社やハウスメーカーに相談します。戸建てかマンションか、新築・中古かなどを決めたうえで、相談先の業者を選定しましょう、また、多くの物件があるため、相談から実際の購入までには時間がかかる場合があり、早めに動くことが大切です。

実際に見学する

希望条件に合う物件が見つかったら、実際に見学に行きましょう。物件の内部や周辺環境を詳しく確認し、実際に見学することでしか得られないポイントを確認することが大切です。注文住宅を検討している場合は土地も見学しておきましょう。

住宅の購入希望を出す・ローンの仮審査

気に入った家が見つかったら、家の売主に対して購入意思を示すと同時に、住宅ローンの仮審査を受けます。住宅ローンを利用する場合は、仮審査を通過する必要があり、複数の金融機関で審査を受けて条件や希望の借入金額が通るか確認しましょう。

売買契約を結ぶ

ローンの仮審査が通過し、売主との交渉が成功したら売買契約を結びます。契約書には重要な情報が詳細に記載されているため、内容をよく理解し、不明点は解消してから契約することをおすすめします。

ローンの本審査

売買契約が完了したら、住宅ローンの本審査を受けます。追加の書類を提出し、ローンの返済能力が審査されます。本審査が通らなければ住宅ローンを借りられないため、必要書類を揃えて準備を進めましょう。

金銭消費貸借契約を結ぶ

ローンの本審査が通過したら、金銭消費貸借契約を金融機関と結びます。返済条件などを確認して契約します。

引き渡し

全ての手続きが完了したら、家の引き渡しとなります。家の代金支払いや登記手続きを行い、念願のマイホームに入居できます。

住まいの購入前に準備するべきごと

結婚や出産を機に、家の購入を検討する方が多いでしょう。しかし、住宅メーカーを探したり、土地を探したりと具体的な行動に移す前に準備しておくべきことがあります。ここでは、住まいの購入前に準備するべきことを解説します。

まず、家族と相談し、どこに住むかを決めましょう。エリアの候補をいくつかピックアップし、家族のライフスタイルや将来の計画、予算などに合った場所を選びましょう。そのほか、エリアを決めるときは利便性の高い都心か、自然豊かな郊外か、人通りの多い市街地か閑静な住宅街かなど検討すべきポイントが数多くあります。

住環境に関する希望や優先順位を決め、職場や学校などへのアクセスも意識距離も考慮しながらエリアを選定します。完璧な環境は難しい場合もあるため、優先順位を設けて選ぶことが大切です。

希望のエリアを決めたら、どのような家に住みたいかを考えてみましょう。間取りや階数、外観・内装デザインなど、理想の家の条件を明確にすると、住宅メーカー選びを進めやすくなるうえに、購入後に後悔するリスクを軽減できます。

このほか、住まいの購入前に資金計画や家を購入するタイミングなども決めておくことが大切です。このように、事前準備をしっかりとしておくことで、実際に家を購入する際に不安が少なくなり、理想の住まいを見つけやすくなります。

住まいを購入する際の注意点

家は一生に一度の大きな買い物になる可能性が高く、数年後、数十年後などの将来を見据えて計画しなければなりません。そのため、住まいを購入するときは注意点もあり、ポイントを押さえて計画することが大切です。

たとえば、子どもの成長や教育、老後の暮らしを考慮して、長期的な視点で資金計画や間取りを決めたり、無理なく住宅ローンを返済できる余裕を持った計画を立てたりすることが注意点となります。

さらに、住まいの購入は住宅ローンを利用することが大半ですが、自己資金がまったく必要ないわけではありません。頭金や諸費用など、自己資金で支払いが項目もあるため、余裕を持って自己資金を用意しておくようにしましょう。

そのほか、通勤や通学の利便性、治安などの周辺環境なども意識して、検討する必要があります。すべての要素が理想通りに叶うことは少ないかもしれませんが、家づくりにおける優先順位を明確にして、将来を見据えた選択を行いましょう。

まとめ

住まいの購入は、買いたいと思ったときにすぐに行動に移すことも大切ですが、事前に流れを把握したり、条件を整理したりして、事前準備を丁寧に行うこがおすすめです。住まいに求める条件が明確で、なおかつ購入の流れを把握できていれば、スムーズに業者探しや物件探しができて後悔しにくい選択が可能です。

ただ、住まいは数十年以上住み続ける可能性が高いため、今の希望だけでなく、将来のライフスタイルや家族構成の変化などを踏まえて検討するようにしましょう。

おすすめ関連記事

検索

【長野県】おすすめの住まいの相談窓口

イメージ
窓口名すまいポート21(松本店/飯田店)スーモカウンターアウカおうちの相談窓口 松本店LIFULL HOME'S 住まいの窓口
特徴一級建築士などの専門家が中立な立場でサポートしてくれる住まいの相談窓口経験豊富なアドバイザーが顧客の住まい探しを無料でサポートしてくれる!スマホで相談できる!家づくりの計画をサポートしてくれる住まいの相談窓口知識と経験豊富なアドバイザーが魅力!最適な住宅会社が見つかる相談窓口経験豊富なハウジングアドバイザーが理想の暮らしが叶う住まいに導く
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】相談先はどこがベスト?家づくりの不安を解消したい人必見!