土地を持たずに住まいを建てる方法とは?住まいを建てる際の注意点も解説!

公開日:2023/07/31

マイホームは誰しも憧れているものですが、土地がない場合は何から手をつければ良いのか悩ましいところでしょう。手順を誤るようなことになると、二度手間になることも考えられ、マイホームの取得が予定通りに進まない可能性もあります。そこでこの記事では、土地を持たずに住まいを建てる方法を解説します。ぜひじっくり読んでみてください。

土地なしで住まいを建てる方法

土地なしで住まいを建てる方法を、順を追って解説していきます。

1.計画を立てる

まずは準備段階が重要です。家づくり全体の予算を検討することから始めましょう。マイホームの取得には莫大な資金が必要になるため、もちろん自己資金のみで予算を立てる必要はありません。ここでいう予算とは、「自己資金+住宅ローン」です。

住宅ローンについては、利用できる額は月々の返済可能額が人それぞれ異なるため、まずは大まかなものでも問題ありません。ただ、あてずっぽうな金額では意味がないので、まずは金融機関のホームページなどに用意されているシミュレーションを参考にしてみると良いでしょう。

また、どんな家にしたいか考えることも必要不可欠です。予算との兼ね合いもありますが、間取りはどうしたいのか、外観はどうしたいのか、構造はどうしたいのか、階数はどうしたいのか、何かしら特徴的な性能をもたせるのかといったことは考えておきましょう。

2.ハウスメーカー選び

予算とどのような家にしたいか決まってきたら、次はハウスメーカーを選びましょう。注文住宅の依頼先はハウスメーカー、工務店、設計事務所がありますが、ここでは一括してハウスメーカーと呼びます。

ハウスメーカーごとに価格は異なり、対応できる工事内容も違ってきます。予算にマッチした家を作ってくれるか、希望通りの家を作ってくれるかを確かめたうえで比較検討していきましょう。

3.土地を探す

土地を持っていないので、土地を探す必要はあります。ただ、土地探しについては、ハウスメーカーにお願いすることも可能です。自分で探す場合は、家を建てたいエリアの不動産会社に依頼しましょう。

4.間取りプランの作成の依頼

土地が見つかったら、その土地に対応した間取りプランの作成をハウスメーカーに依頼しましょう。いくつかの案を提出してもらい、そのうえで検討しましょう。

前もって間取りなどの希望を伝えておくと、自分たちのライフスタイルに合った間取りのプランを創ってもらえるはずです。間取りプランが決まったら、見積書を作成してもらってください。

5.住宅ローンの事前審査

土地の購入費用も合わせてローンを組む場合は、土地の購入前に住宅ローンの事前審査を受ける必要があります。事前審査では、間取りプランおよび見積もりを提出することが必要になるので対応してください。

6.土地の契約および地盤の調査を実施

住宅ローンの事前審査に通過できたら、土地を購入しましょう。土地の保有者に買い付け申込書を提出して、売買契約を結びます。このときに、購入金額の5%から10%程度の手付金が必要になるので、事前に用意しておく必要があります。

土地を購入する際には、地盤調査も行なう必要があります。地盤に問題がある場合は、強化してもらったり、建築プランを見直したりする必要が出てくるので注意してください。

7.工事契約の締結

ここまできたら、ハウスメーカー側と工事請負契約を結びます。契約時にさまざまな書類が取り交わされます。見積書や設計図なども書類のなかに含まれているので、細かくチェックしましょう。問題がなければ工事契約を締結し、市区町村に建築確認の申請をおこなってください。

8.住宅ローンの本審査

住宅ローンの本審査時には、交付された建築確認済証、工事請負契約書、土地の売買契約書などの写しを提出します。一般的に仮審査を通過していれば本審査も通過できる可能性が高いですが、勤務状況および借入状況に変化があると審査落ちになる可能性もあります。

9.工事の着工

土地の引き渡しを受けたら、次は建物の着工となります。ここからは基本的にハウスメーカーがサポートするので、そちらの指示に従ってください。

10.完成と引き渡し

家が完成したらハウスメーカーの担当者および現場監督立会に元でチェックします。問題を見つけた場合は、修理を依頼してください。問題がなければ建物の引き渡しとなります。

土地なしで住まいを建てる際の注意点

土地無しで住まいを建てる際にはいくつかの注意点があります。

できれば土地探しは優先しておこなう

希望のエリアに土地が見つからないこともあります。土地を探す期間を少しでも長く撮ることが重要であり、ハウスメーカー探しの前に土地探しを始めるのがおすすめです。少しでも早く不動産屋などに希望する土地探しを依頼してください。

土地によっては間取りの希望通りにいかない

家を建てる際は、「あんな家にしたい」「こんな家にしたい」といった希望を持っているはずです。しかし、土地によってはそんな希望はかなえられません。したがって、間取りの希望については、ある程度柔軟に考えておくのが望ましいです。

土地なしで住まいを建てる際の費用

2020年度「フラット35利用者調査」を参考にすると、土地付きの注文住宅の全国平均相場は4,397万円です。その金額はあくまで全国平均であり、地域によって大きな違いがあることも理解しておく必要があります。

当然首都圏は高くなる傾向にあり、地方は安くなる傾向にあります。ちなみに、注文住宅(土地代を除いた住宅取得費用)の全国平均相場は3,534万円とされているので、850万円ほどの差がある点には注目でしょう。

まとめ

土地を持たずに住まいを建てる方法を解説しました。まずは土地についての計画を立てることが重要であり、土地の確保が必要不可欠です。土地探しに時間がかかることもあるため、少しでも早く動き出しましょう。当記事では土地なしで住まいを建てる際の注意点も解説したので、そちらも参考にしてもらえたら幸いです。

おすすめ関連記事

検索

【長野県】おすすめの住まいの相談窓口

イメージ
窓口名すまいポート21(松本店/飯田店)スーモカウンターアウカおうちの相談窓口 松本店LIFULL HOME'S 住まいの窓口
特徴一級建築士などの専門家が中立な立場でサポートしてくれる住まいの相談窓口経験豊富なアドバイザーが顧客の住まい探しを無料でサポートしてくれる!スマホで相談できる!家づくりの計画をサポートしてくれる住まいの相談窓口知識と経験豊富なアドバイザーが魅力!最適な住宅会社が見つかる相談窓口経験豊富なハウジングアドバイザーが理想の暮らしが叶う住まいに導く
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】相談先はどこがベスト?家づくりの不安を解消したい人必見!